広島、福山、呉、東広島、尾道etc.広島県内のグルメ、イベントや新店情報をお届け

【電子書籍版】おもてなし本2018-2019 販売開始 詳しくはコチラ

【大学生が取材してみた】ぶらり福塩線旅「府中駅」vol.4(全4回)

みなさんこんにちは!!
第4回目ということで、ひとまず福塩線チームは一区切りです。
いつも見てくださってる方ありがとうございます!

3人「暑い~…」
はせもも「アイス食べに行こうか!」
はるか・タイキ「行こう行こう!!!」

ということで府中図書館の通りを真っ直ぐ行った所にあるアイスキャンディの老舗店『東屋』さんへ!

どれにしようかな~と迷っていたところ、
ん!!?なんだこれ。インコアイス…!?!


3人とも気になって仕方がありません(笑)店主さんに色々聞いてみました!!

『東屋』さんは今年で19年目になるそうです。
しかし、詳しく聞いたところ最初にお店を始めたのは昭和なんです!!
13年間お店を閉業したのですが、お店をもう一度開いてほしいというお客様からの要望でもう一度お店を開いたそうです。

皆さんが気になっているだろうインコアイスは、5,6年前に神戸市の鳥カフェとのコラボ商品として販売され始めました。
どの商品もネーミングや味が独特ですごく気になる…(笑)
一番人気商品はアイスキャンディのバニラ味とあずき味だそうです。

はせもも「私はアイスキャンディのあずき味食べよ~!」
はるか「じゃあ、私はセキセイインコで!」
タイキ「んー…ずんだ味気になるんでヒナインコ食べてみます(笑)」
3人「いただきます!!」


美味しい!!!やっぱり暑い時に食べるアイスはほんと最高ですよね!
インコアイスに少し抵抗があった2人もあっという間に完食してました(笑)

3人「ごちそうさまでした~!」

はせもも「次はちょっと道の駅まで行ってみる?」


今から3年前にオープンした『道の駅びんご府中』です!
なんといってもおしゃれ!!この木造の感じがいいですよね。

店内は左右で分かれていて、写真から見て左側は府中の特産品や新鮮な野菜が販売されています。
右側はレストランやお土産を買える場所になっています。
レストランでは、府中市の特産品「府中味噌」を使用した料理を食べることが出来ます!

はるか「なんかこの近くにおしゃれなカフェあるって聞いたんじゃけど…」
はせもも「あ、そこって靴屋さんと一緒になっとるところじゃろ?」
タイキ「甘いもの食べたいです!」

見えてきました!
いい時間になってきたので、府中駅散策の最後はここで締めよう!



ニチマンさんの隣にある『Vulca CAFE』さんです!!
皆さんはニチマンって知ってますか??

ニチマンとは府中市に本社をおいているシューズメーカーです。
この大きな靴のオブジェが目印です!


Valca CAFEは、ニチマンが直営するシューズギャラリーと一体型になっているカフェで
2016年にオープンしました。トーストやワッフルを食べることが出来ます。
では早速店内に入ってみます!

3人「こんにちは~」


店内はこんな感じです!
シューズギャラリーといわれるだけあって、お店の中に靴がたくさん並んでいます!
おしゃれな靴が好きな人はたまりませんね。

そしてこのお店では、府中商工会議所が主催の企画運動で見事1位を獲得し、
なんと!!!
全国逸品グランプリでも1位を獲得した商品が食べられます!!
その商品は、甘酒プリン「恋のはじまり」です。
この商品、実はValca CAFEのお店が企画から製作までされたものなんです!


代表の廣畑さんにお話を伺いました!
廣畑さんはValca CAFEに来る前、松永のはきもの資料館にあるカフェで働いていたそうなのですが、
そこが閉業したので靴繋がりとして府中市に来たそうです。

甘酒プリン「恋のはじまり」に使用されている甘酒は府中の味噌屋さんが作っていて、
その名も「恋の予感」という名前です。
あれ?なんか名前が似ているような…?と思った方いますよね?

府中市には、「恋しき」という国の登録文化財に指定された、明治5年創業の料亭旅館をリニューアルした観光・商業複合施設があります。
この2つの「恋」をキーワードとし、「恋の予感」という名前からストーリー性を持たせ、「恋のはじまり」という名前がついたそうです。

プリンといえば丸いというイメージがありますよね?
この甘酒プリンは小さい正方形の形をしていて、包装のしやすさやリピート率を考えた形になっているので、お土産にぴったりの商品です。容器を持ち帰ることも可能です。

実際食べてみたのですが、これまた美味しいんです!!!
甘酒の風味がきついのかなと思っていたのですが、全然違いました。
甘酒感を出せば出すほどクセが強くなるらしいので、コクを出す程度で甘酒を使用しています。なめらかな口当たりで、ヨーグルトっぽい感じでした。

廣畑さんはぜひこの甘酒プリンを口コミなどで広げ、府中のオフィシャルスイーツにしたいとおっしゃっていました。

この他にもたくさんインタビューをさせて頂き、その一部を紹介しました。

府中市には、まだまだたくさんの知らない魅力があります。
例えば、今回紹介出来なかった府中家具や府中味噌などなど…

実際に行ってみて感じるものと、聞いてみて感じるものがたくさんありました!!

最後に、福塩線チームの今回の取材感想を言いたいと思います!

はせもも「府中市民の私でも知らないお店や観光スポットがたくさんあり、とても驚きました!府中の人達の温かさに触れることができ、とても楽しく取材をすることが出来ました。次の駅でもいい出会いがあればいいなと思っています(笑)」

はるか「今まで、府中といえば?と聞かれても、何があるのかを知らなかったので答えることが出来ませんでした。今回の取材で府中の魅力をたくさん知ることが出来たので、友人や親戚にも広めていこうと思います!」

タイキ「今回が初めての参加で楽しみにしてました。府中は府中焼きと首無地蔵しか知りませんでした。実際府中を自分の足で歩いてみると知らない食べ物があったり、府中公園など新しい発見があったりしました。次も新たな発見を期待して行きたいです!」

このように、4週間に渡って連載をさせていただきました。

これまで、ご協力頂いたみなさま。
本当にありがとうございました!!!

来月は、エイブレイズが担当します。
話を聞くところによると“釣り”をするそうですよ~!
釣り好きの方は必見ですね!!!
是非またご覧ください!!

※こちらの記事内容は、2019年6月28日現在のものです。
そのため、予告なく記載されている事項が変更される場合がありますので、予めご了承ください。
※記事内の価格は、特記がない限りすべて税込価格です。