【電子書籍版】おもてなし本2018-2019 販売開始 詳しくはコチラ

開催中~6/2(日)コレクションプラス 花ある絵画花がもたらす豊かな世界 なかた美術館

日時:開催中~2019/6/2(日)

花、特に薔薇は人々に愛され、多くの絵画に描かれてきた。
季節を告げ、暮らしを彩り、ときにその心情を語りかけてくるようなその姿がキャンバスの上で表情豊かに咲き誇る。
薔薇の花を愛し、自らも育種家として品種改良にも取り組んだ、アン・マリー・トレクスリの繊細な水彩画も多数展覧される。

ラウル・デュフィ《花瓶の花》

アン・マリー・トレクスリ《SAMOURAÏ》

 

日時:開催中~2019/6/2(日)9:00~17:30(最終入館17:00)
定休日:月 ※祝日の場合は翌日
料金:一般800円 中高大生300円
会場、問合せ:なかた美術館
電話番号:0848-20-1218
※こちらの記事内容は、2019年4月22日現在のものです。
そのため、予告なく記載されている事項が変更される場合がありますので、予めご了承ください。
※記事内の価格は、特記がない限りすべて税込価格です。