【電子書籍版】おもてなし本2018-2019 販売開始 詳しくはコチラ

今ドキの美術館はこんなに楽しい!個性派ミュージアムガイド

デジタルアートや体験型ブースなど、作品観賞だけじゃない楽しみがある個性派美術館に注目。
収蔵作品や企画展を目当てに足を運ぶのはもちろん、そこにしかない心躍るアートを見つけに出かけてみて。

湯本豪一記念日本妖怪博物館 三次もののけミュージアム

©︎ チームラボ

最新技術を使って触れる妖怪の世界

三次市が舞台の妖怪物語『稲生物怪録(いのうもののけろく)』とともに、絵巻や錦絵、焼き物など約5,000点の「湯本コレクション」から厳選した妖怪資料がそろう。
画面にタッチすると妖怪の姿や歴史を見て学べる「デジタル妖怪大図鑑」をはじめ、自分の描いた妖怪が動き出すスクリーンや妖怪と自撮りができるカメラが設置された「チームラボ 妖怪遊園地」など、最新技術を使ったブースにワクワク!

Information
湯本豪一記念日本妖怪博物館 三次もののけミュージアム
住所
広島県三次市三次町1691-4
営業時間
9:30~17:00
※最終入館16:30
料金
入館料/一般600円、高大生400円、小中学生200円
定休日
水曜※休日の場合は翌日
駐車場
70台

筆の里工房

筆の奥深さを知る体験ブースが誕生

熊野町にある“筆”がテーマの美術館に、新たな体験ゾーンが登場。
馬、山羊、狸や鳥の羽根といった材質の異なる筆の書き心地を比べられる「筆で水あそび」や、着物の型染めに使う「刷り込み刷毛」を使って色付けするカード作り体験など、各ブースをまわっていろいろな筆に触れることで、その奥深さを体感できる。大人も子どもも、夢中になること間違いなし!

Information
筆の里工房
住所
広島県安芸郡熊野町中溝5-17-1 
営業時間
10:00~17:00
※最終入館16:30
料金
一般600円、小中高生250円
定休日
月曜(祝日の場合翌日)、年末年始
駐車場
84台

PORT ART & DESIGN TSUYAMA(ポート アートアンドデザイン ツヤマ)

大正ロマン薫る空間で、現代作品に触れる

赤レンガの壁や寺院風の大きな屋根など、大正ロマンあふれる『旧妹尾銀行林田支店』。
津山市指定重要文化財の建物を改装したギャラリーでは、工芸作家の作品やプロダクトデザインの展示・販売、現代アーティストの個展・ワークショップ、音楽イベントなどを開催する。
木造建築の本館では、併設するコーヒースタンドのオリジナルコーヒーを楽しみながら過ごせる。

Information
PORT ART & DESIGN TSUYAMAポート アートアンドデザイン ツヤマ
住所
岡山県津山市川崎823
営業時間
10:00~18:00
料金
入館料/無料※有料の場合あり
定休日
火曜※祝日の場合翌日
駐車場
5台

植田正治写真美術館

世界で評価された演出写真を鑑賞&体感

故郷の山陰で制作活動を行い、国内外で高く評価される写真家・植田正治氏の作品を約12,000点収蔵。
砂浜や砂丘を背景に、被写体をオブジェのように配置した「Ueda-cho」作品が鑑賞できる。
作品に登場する山高帽がプリントされた窓ガラスを背景に写真が撮れるスポットや、世界最大規模のレンズが壁に埋め込まれ、カメラの中に入っているような体験ができる映像展示室も要注目。

Information
植田正治写真美術館
住所
鳥取県西伯郡伯耆町須村353-3
営業時間
9:00 ~17:00
※最終入館16:30
料金
入館料/一般900円、高大生500円、小中学生300円
定休日
火曜(祝日の場合翌日)、展示替え期間
駐車場
100台

神勝寺 禅と庭のミュージアム

五感で禅を体感できるアートな寺院

白隠禅師の禅画や墨蹟を展示する『荘厳堂』をはじめ、趣向を凝らした禅庭、坐禅体験(要予約)、禅の作法にならっていただく「神勝寺うどん」、禅宗寺院の伝統的な七堂伽藍建築の一つである浴室での入浴など、五感で禅を体感できる寺院。
建築史家・藤森照信氏が設計した寺務所や、彫刻家・名和晃平|SANDWICHが手がけたアートパビリオン『洸庭(こうてい)』も必見。

Information
神勝寺 禅と庭のミュージアム
住所
広島県福山市沼隈町上山南91
営業時間
9:00~17:00
※最終受付16:30
料金
拝観料/一般1,200円、高大生900円、中学生500円、小学生以下無料 坐禅/600円 浴室/一般800円、高大生600円、小中学生400円
定休日
不定休
駐車場
約100台

奈義町現代美術館

建築と自然の幻想的な美しさに浸る夜

建築界のノーベル賞といわれる「プリツカー賞」を受賞した世界的建築家・磯崎新がプロデュースした美術館。
6/23と7/6の夜間には、雄大な自然を借景とする建築の魅力と奈義町の自然の美しさが一体に楽しめる『ミュージアム×ナイト 奈義MOCA 2019』を開催。
月光や照明によって幻想的な雰囲気に包まれた美術館を、音楽コンサートや映像インスタレーションが彩る。

Information
奈義町現代美術館
住所
岡山県勝田郡奈義町豊沢441
営業時間
通常/9:30~17:00 ※最終入館16:30
ナイトミュージアム/6/23(日)・7/6(土)18:00~20:00
料金
入館料/一般700円、高校生500円、小中学生300円
ナイトミュージアム入館料/一般・大学生700円、高校生500円、小中学生300円
定休日
月曜※祝日の場合翌日
駐車場
30台

足立美術館

16年連続日本一に輝く、圧巻の庭園美

米国庭園専門誌の日本庭園ランキングで16年連続日本一に選ばれ続ける、広大な庭園を有する美術館。
自然の山々と調和し、天候や時間帯によって趣が変わる庭園を、額縁に見立てた窓から一枚の絵画のように鑑賞できるのも魅力のひとつ。
また、横山大観のコレクションに力を入れており、その数は約120点に及ぶ。
そのほか、北大路魯山人の陶芸作品なども必見。

Information
足立美術館
住所
島根県安来市古川町320
営業時間
9:00~17:30
※10~3月は~17:00
料金
入館料/一般2,300円、大学生1,800円、高校生1,000円、小中学生500円
定休日
無休
駐車場
400台

島根県立美術館

水にまつわる作品と美しい夕日を堪能

「今世紀を創った世界建築家100人」の一人・菊竹清訓氏により設計された、周囲の景観と調和するなだらかなフォルムが特徴の美術館。
一面ガラス張りのエントランスロビーからは、日没時刻になると「日本の夕陽百選」にも選ばれた美しい夕日を眺めることができる。
また、野外彫刻や、水を画題としたコレクションも要チェック。

Information
島根県立美術館
住所
島根県松江市袖師町1-5
営業時間
10:00~日没後30分
※10~2月は~18:30
料金
コレクション展観覧料/一般300円、大学生200円、高校生以下無料※企画展は別途要観覧料
定休日
火曜
駐車場
230台

※こちらの記事内容は、2019年5月24日現在のものです。
そのため、予告なく記載されている事項が変更される場合がありますので、予めご了承ください。
※記事内の価格は、特記がない限りすべて税込価格です。