毎日をもっと素敵に、もっと楽しく。

イベント等に関するお知らせ

【大学生がコラボしてみた】至福の時間を。おつまみボックス開発vol.1(全2回)~IKEGUCHI MEAT PUBLIC HOUSE × 福山平成大学 コラボ弁当~

こんにちは。
福山平成大学 経営学部の りせ、れお、こた、こげ、はせももです。
今回、約1年の歳月をかけて、池口精肉店さんと福山平成大学経営学科がコラボしておつまみボックスを製作しました!
―その名も“SHIFUKU”。
この“SHIFUKU”について完成までの軌跡を辿っていこうと思います。

コラボのはじまり

コラボ企画を始めたきっかけとなったのは1年前のマーケティングの授業です。
池口精肉店さんのデリカ商品を題材に、何チームかに分かれてそれぞれお弁当案を製作しました。
実際に池口精肉店さんに授業の中でプレゼンを行なったりもしました。
講義終了後、マーケティングについて詳しく学びたい!実際に販売までの企画をしてみたい!と思い、
有志5人でこのコラボ企画をさせていただくことになりました。

コンセプトとターゲットを試行錯誤。

まず、商品を企画していくにあたってどのようなお弁当にしていくか話合いを行いました。
20~30代をターゲットにした“ヘルシーお惣菜弁当”や“三種のお肉弁当”といった案が出たのですが、
池口精肉店さんのワインに合うメニューがとても豊富であるという長所を活かしたい。という声が多く上がったので思い切ってお昼のランチボックスではなく、おつまみボックスを作ろう!ということになりました。
そこで、赤ワイン・白ワインにそれぞれに合うおつまみを考えてみました。

しかし、うまくいきません…
どうしてだろうと考えアドバイスをもらうためにFUKU-Bizさんへ行きました。
そこで、お客様目線ではない、ターゲティングが大事だということを教えてもらい、ペルソナを作っていきました。

次に考えたのは“誕生日や記念日に家で気軽に食べられる「池口コース料理」”というコンセプトです。

しかし、商品化することが出来ませんでした。
振り返ってみると、「記念日」に買うのか?「気軽」に買うのか?という点で
グループ内でコンセプトの解釈がそれぞれ食い違っていることに気づきました。

紆余曲折を経て、試作へ。

そこでそれぞれの個性を活かすためにグループ分けを行いました。
りせ、れお、はせももはマーケティング部に所属し、商品の内容やコンセプト、デザインなどを担当。
こた、こげは商品部に所属し、原価調整や試作品の製作などを担当しました。

そこから生まれた最初の試作品がこちらです↓

実際に詰めてみて、「彩りが足りなくない?」「仕切りが欲しいかも…」「想像してたものとちょっと違うなぁ」などの問題点が見つかりました。
そこから池口さんとの会議や、5人での話し合いを何度も何度も積み重ねました。

ついに誕生!

こうして生まれたのが“SHIFUKU”です。

この“SHIFUKU”のコンセプトは、「自宅の空間で気軽に非日常の食事(IKEGUCHIの料理)をリラックスしながら楽しむことができる、がんばる女性のための自分へのご褒美フードボックス」です。

働く女性と中食需要の観点から、このコンセプトに至りました。

中食を利用している女性は57%と半数を超えており、その理由として手軽さが多く挙げられているというデータがありました。
(参考:Rakuten Insight 2014)

このようなデータから、忙しくても美味しいものを手軽に自宅で食べたいというニーズがあるのではないかと考えました。
そこで、働く女性に視点を置き、「食を通じたリラックスタイム」の提案を行いました。

私たちの想い

“SHIFUKU”という名前には、~「私服」で食べて「至福」のひとときを~ という思いを込めました。
部屋着で、好きな服を着て“SHIFUKU”を食べて、その中で至福のひとときを感じてほしいという思いがあります。

キャッチコピーは「ゆったり。いつもの自分と、」です。
最後の「、」にはちょっとした思いを込めました。
それはこの「、」の後に続く言葉はあなた自身であてはまる言葉を入れてください、という想いです。

パッケージはこのようなデザインになりました。

このボックスを1人であるいは女子会などで食べて頂く時に、ワインと一緒に楽しんでほしい…という思いがあったので、ワイングラスのイラストを入れたりパッケージの色をワインレッドにしたりしました。

そして、左上にあるツタやSHIFUKUの文字を手書きで書くことで女性らしさを出し、あなたらしいSHIFUKUを感じてほしいという思いを込めました。

自宅のようにゆったりした空間で“SHIFUKU”を楽しんでもらえれば嬉しいです。

next issue

今回は、“SHIFUKU”が完成するまでの軌跡を辿っていきました。
たくさんの人に支えられながら、仲間と協力しながら完成までたどり着くことができて、達成感を感じ、嬉しい気持ちでいっぱいです。
来週は2月1日(土)に行われた記者会見について掲載する予定です!
次回の掲載も楽しみにしておいてください!!

>>連載vol.02「記者会見のようす」はこちら。

『SHIFUKU』購入はこちら!

IKEGUCHI MEAT PUBLIC HOUSE×福山平成大学コラボBOX
『SHIFUKU(シフク)』【価格】2,000円 ※前日まで要予約
【販売期間】販売中~2020年3月14日(金)
【販売場所】IKEGUCHI MEAT PUBLIC HOUSE
(福山市伏見町1-16)
【TEL】084-999-3110
【営業時間】11:00~16:00、17:00~23:00(L.O.22:00)
※お弁当テイクアウトは11:00~16:00
※『SHIFUKU』BOXテイクアウトは11:00~21:00
【休】日曜日
【駐車場】なし

※こちらの記事内容は、2020年2月21日現在のものです。
そのため、予告なく記載されている事項が変更される場合がありますので、予めご了承ください。
※記事内の価格は、特記がない限りすべて税込価格です。